酵素飲料の「酵素」ってどんなものなの?

酵素飲料の酵素とは何か?まずここから理解していきましょう。消化酵素などとよく聞くことがありますが、酵素というのは、腸内で食べ物を消化・分解させるために必要な物質です。腸は控訴なくして食べ物を分解したり、消化したりすることはできないのです。酵素が体内になければ、食べ物は未消化のままに、血液中にはいっていくということになります。未消化のままに血液に運ばれた場合、欠秋は汚れてしまい、どろどろ血液・・・結構不良のもとになり病気を引き起こす原因となったり、便秘や冷え性、肩こり、腰痛などの症状をも起こすことにつながります。

人間が生きていくうえで必要な3大栄養素というと、炭水化物、タンパク質、脂肪です。人は生きていくためにこの必要な成分を食事によって取り入れます。炭水化物だけではきちんとエネルギーに変換することができないので、ビタミンやミネラルなどを一緒に補給していきます。食べ物の中には、酵素が含まれているものがたくさんあるのですが、酵素は熱によって編成する、酵素だけでは活動できないという物質なので、組み合わせや量などが必要となり、現代人の食生活では到底補いきれない物質なのです。

酵素が足りなくなると、さまざまな「よくないこと」が体内で起こり始めます。それを何とか食い止めて、健康的な生活ができるように考えだされたのが、酵素飲料なのです。